投稿日:

外壁塗装を利用する適切な時期とは

こんにちは!兵庫県丹波篠山市を拠点に、水回りリフォームや外壁塗装、解体工事など多岐にわたる施工を手がけている有限会社イースト環境工業です。
創業当初は水道工事を主力としていましたが、住まいに関するすべての役に立ちたいと、現在では「お家まわりの便利屋さん」として地域に貢献しています。
外壁塗装は、大切な住宅を守る上で、重要な役割を果たしています。
しかし外壁塗装を依頼するタイミングや必要性を知らない方は多く、気づいたときには遅かったということも少なくありません。
今回は、外壁塗装を利用する適切な時期と重要性についてご紹介いたしましょう。

塗装が必要なサイン


外壁塗装は、一般的に10年が適切な塗り替え時期といわれています。
誰でも簡単に、塗装が必要なサインに気づける方法が2つあります。
1つめは、クラックと呼ばれるひび割れができる現象です。
外壁の表面にひび割れが生じる現象のことで、軽度の劣化の場合は早急な措置は必要ありませんが、目立つようであれば業者への相談をおすすめします。
2つめは、外壁を触ると手に白い粉がつく、チョーキングと呼ばれる現象です。
紫外線などの外的刺激によって、塗料の劣化が進んでいる合図となり、塗料本来の防水性が損なわれている可能性が高いので、業者への相談が必要になります。

劣化を放置すると起こる二次被害

建物の劣化は目に見えないところで進んでいるため、劣化の状態を正しく把握することは難しいのです。
軽度の劣化であれば日常生活に支障もないので、外壁塗装は後まわしにされがちです。
しかし放置し続けていると、二次被害として雨漏りや腐食、最終的には倒壊してしまう恐れが十分にありますので注意してください。
初期段階での工事であれば少ない費用で済みますが、水漏れが起こり屋根自体を葺き替える必要に迫られて、想像以上の費用がかかってしまうケースもあります。
皆さまも感じているように、台風の上陸がここ数年で著しく増えています。
普段の風雨であれば影響がなくても、壁にたたきつけるような暴風雨が続くようであれば油断ができません。
外壁塗装が劣化している場合、雨が家屋内に入り込んで、漏電やシロアリなどの二次被害が発生することがあります。
少しでも気になる場合は、専門業者にご相談ください。

イースト環境工業へご相談ください!


現在弊社では、塗装工事のほかにリフォーム工事や土木工事、解体工事など、住まいに関するさまざまな施工を承っております。
対象エリアは、兵庫県の全域および大阪府・京都府の一部です。
フットワーク軽く駆けつけ、高い品質と迅速なスピードを両立した対応で、お客さまに満足いただける施工をお約束いたします。
ぜひお気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

水回りリフォーム・内装リフォーム・塗装は丹波篠山市の有限会社イースト環境工業

ただいま求人情報ページでスタッフ募集中です。

〒669-2545
兵庫県丹波篠山市小田中253-1
電話:079-554-6954
代表直通:090-2047-3303
FAX:079-554-6955

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

伐採工事

伐採工事

今日から伐採工事スタート 電線まで伸びた樹木を撤去していきます。 ヘビ、蜂に注意して頑張ってます! …

業務について紹介します

業務について紹介します

こんにちは!有限会社イースト環境工業です。 私たちは兵庫県丹波篠山市を拠点に活動している「お家まわり …

コーキング工事

コーキング工事

島田さんと寒い中6時まで真っ暗な中 頑張りました! …

お問い合わせ 採用情報